就活 スーツ サイズ 肩幅 ウエスト

就活で着るスーツはフィット感と違いと自信が重要

街を歩いていると、初々しい就活中の学生をよく見かけます。

 

 

 

その姿を見ているだけで、ある程度、「この子は受かるだろうな」、「この子は苦労するだろうな」という予想はついてしまいます。

 

 

それは、一言で言うと「自信」があるかないか。

 

「自信」のある人は、希望の業種に就くことができるはです。

 

 

その理由はあなたに人事権があることを考えればわかると思います。

 

面接官なら、自信が無い人間と一緒に仕事をしたいと思いますか?

 

 

「自信」は見た目に表れます。

 

逆を言えば、見た目次第で「自信」を演出することは可能です。

 

 

これが、就活用のスーツを選ぶ時のポイントになります。

 

では、具体的にはどうすればいいのか?

 

 

  • フィット感

 

肩幅、ウエストも考えて、身体にぴったりと合うスーツを着ることです。

 

若々しさはあっても、あどけなさは排除しなければなりません。

 

 

 

  • 少しだけ違いを出すこと

 

カラフルな色のスーツを着るなどの極端なことはしなくていいので、例えば、リクルートスーツではないスーツを買うなど、「分かる人には分かる」ところで違いを出しましょう。

 

何より、リクルートスーツは入社してから着続けていくことは難しいものです。

 

絶対に希望の会社に入るんだという意志表示のためにも、就活にはビジネススーツを購入されることをおすすめします。

 

 

 

とにかく、「自信」を持ってスーツ選びにも、就活にも励んでください。

スポンサードリンク

就活で着るスーツはフィット感と違いと自信が重要関連ページ

靴はデザイン?色?履き心地?
就職活動で使う靴はどこをポイントに決めていますか?デザイン、色などありますが、一番大事なのは履き心地です。就活は普段はき慣れない靴を長時間はくので、あなたの足にフィットした靴を選びましょう。
白以外に使えるYシャツは?
就活で使うYシャツは白の無地が無難なので、一番おすすめです。もし変えるなら、若さの印象を与える水色ならOKです。就活の時はYシャツは複数持ち、常にアイロンをかかってあるピシッとしたYシャツを着ましょう。
バッグ(鞄)
就活のバッグ(鞄)はいつも使っている物やカジュアルなモノではなく、しっかりしたビジネスバッグを購入しましょう。企業の資料を入れるのにも整理整頓していれることができ、面接官へもできる人と思われます。
コートの色
就活で着用するコートはどのようなものがよいのでしょうか?特に色については多くの学生が悩む点です。コートの色は清潔感と若さが出せるような色をポイントとして選んでみましょう。相手に与えるさわやか感が大事です。
ネクタイの選び方と締め方
就職活動のネクタイは無難なものであればよいとよく言われます。それはそれで間違いではありません。ただ、せっかくの機会なので、ネクタイの選び方と締め方に少しこだわってください。この経験があなたの今後の人生のベースとなるので。
腕時計の選び方
就職活動で腕時計は必要なものになります。採用試験の時に携帯電話で時間を確認することはできないので、目立ち過ぎず実用的な腕時計を選びましょう。小物を選ぶセンスを磨いて内定を勝ちとろう。
髪型
就活に相応しい髪型とはどんなものでしょう?その答えは2つのポイントになります。まず、耳を出すこと。次に前髪が目にかからないようにすること。この2つは社会人としての適性を見ている点にもなるのです。
爪とマニキュアは
爪とマニキュアはあなたの人間性を表しています。面接官に見せる体の部分は頭と手です。頭や顔は見られるのは当たり前ですが、実は手や爪は密かに見られています。そのことを意識して事前に手や爪のお手入れをしましょう。
メイクは自然に!
就活中のメイクはついつい力が入ってしまうものです。ですが、面接ではあくまでも一緒に働く仲間を探す場所なので、濃すぎるメイクは信頼感が得にくくなります。一方、薄過ぎるのも不健康に思われ可能性があるので注意したいところです。