就活 面接 身だしなみ 服装

就職活動の面接で見られる身だしなみのポイント

就活の身だしなみのポイントは企業に合わせること、清潔感、色合いです。

 

この3点についてより細かくみていきましょう。

 

身につけているスーツや靴、ネクタイなど、どれ一つをとっても面接官に良い印象を与えるように細部までチェックしましょう。

就職活動の面接で見られる身だしなみのポイント記事一覧

就活で着るスーツはフィット感と違いと自信が重要

街を歩いていると、初々しい就活中の学生をよく見かけます。その姿を見ているだけで、ある程度、「この子は受かるだろうな」、「この子は苦労するだろうな」という予想はついてしまいます。それは、一言で言うと「自信」があるかないか。「自信」のある人は、希望の業種に就くことができるはです。その理由はあなたに人事権...

≫続きを読む

就活で使用する靴はデザインよりも履き心地重視にしよう!

就活とはある意味で肉体労働。企業説明会を梯子し、面接や入社試験を次から次にこなしていくスケジュールが、希望の企業に入れるまで続きます。就職活動で普段履きなれない靴で歩くと足に負担が掛かります。そんなとき、靴選びの大切さを実感するはずです。靴を選ぶポイント履き心地を優先して靴を選びましょう。どんなに見...

≫続きを読む

就活で着るYシャツの色は白で決まり!もし変えるなら水色にしよう!

Yシャツの基本は白。就職活動では奇をてらう必要はありません。白いYシャツで挑んでください。白色はスーツや小物と合わせやすいですし、何より買い物が簡単です。とはいえ、気分的にも、スーツやネクタイとのコーディネイトでも、色のついたシャツを着たくなることはあるでしょう。そんなときは水色をオススメします。青...

≫続きを読む

バッグ(鞄)はどれがいい?学生モードから就活モードへ切り替えよう!

就活用のバッグにはどんなものが向いているのでしょうか?私の経験をもとにお話しします。バッグなんて親や兄弟のお古でいいとか、カジュアルなものでかまわないと考えている人も多いのですが、そんな考えは捨て去ってください。企業面接では、多くの場合、自分のバッグを面接室に持ち込まなければいけません。とすれば、バ...

≫続きを読む

就活で着るコートの色は清潔感と若さをアピールできるものにしよう

就職活動に向いたコートとはどんなものでしょう?就職活動の期間が冬場から初春になるのであれば、スーツだけでは当然寒いはずです。そんなときは、きちんとコートを身につけましょう。というのも、なぜか就活中の学生さんの中には「就活の立場で、コートを着て企業に赴いていいものか?」と不安に感じている方が少なからず...

≫続きを読む

就職活動中からネクタイにはこだわろう!選び方と締め方

就活にどんなネクタイを締めるべきなのか。学生であれば、ネクタイを締める機会なんて学校の制服くらいだったでしょう。しかも、制服とは違い、就活用のネクタイは自分で選ばなければなりません。ただし、難しく考える必要はありません。奇をてらったデザインや、イラストつきのものでなければ、自ずと自分に似合ったネクタ...

≫続きを読む

就活で身につける腕時計の選び方のポイントは実用的なもの

就活に必要なのはどんな時計なのか?そもそも、就活を行っている学生が抱く疑問として「本当に腕時計が必要なのか?」というものがあります。結論から言います。必要です。単に身だしなみだけの話でなく、例えば、採用試験中に時間を知りたい時、どうするのか考えてみてください。携帯電話で時間を確認しますか?それとも会...

≫続きを読む

就活に相応しい髪型にお悩みの学生の方へ!2つのチェックポイント

私の経験から言うと、企業面接において、ルックスとは非常に重要な判断要素です。何も、美男美女が有利だと言っているのではありません。ただし、わずかな時間で人となりを分析されている以上、書類の情報以上に、生で見た印象のほうが優先されているケースも多々あるのです。では、どんな髪型が相応しいのか。男女ともに言...

≫続きを読む

就活の爪とマニキュアはあなたの人間性を表している!

面接での爪は非常に重要です。というのも、想像してほしいのですが、面接会場で面接官と対面した時、あなたの身体の部位で直接面接官に見られている部分はどこになるでしょうか。頭部と手しかし、手を膝の上に置いているとすれば、爪もしっかりと見られていますよね。そのとき、仮に爪が長く伸びているとしましょう。すると...

≫続きを読む

就活でのメイクは自然に!やり過ぎず、抑え過ぎずを意識して!

就活中の女性の方々に、相応しいメイクとはどんなものでしょう?意識してほしいのは、相手に与える印象ということ。それを考えると、ナチュラルメイクによる健康美が一番好印象を与えます。あくまで地のパーツを大切にしつつ、手がかかり過ぎないようにメイクを行っていきましょう。面接官に与えるべき印象は「一緒に働きた...

≫続きを読む