就活就職 就活 面接対策 身だしなみ

就活における企業面接で、相応しい服装とはどんなか?重要な3ポイント

就活における企業面接で、相応しい服装とはどんなものでしょう。

 

 

面接で、面接官はあなたの学歴や志望動機だけを確認したいのではありません。

 

見た目から受ける印象も重要な採用ポイントです。

 

 

面接官はこの人間を自分達の企業に入れて恥ずかしくないのかを判断してきます。

 

 

面接官がチェックするポイントは大きく分けて三つです。

 

 

企業に合わせること

 

 

例えば、営業職を希望しているのであれば、入社後もビジネススーツ着用が標準になるでしょう。

 

しかし、デザイナーなど、服装が自由な職場の面接を受けるときに、スーツ姿で現れたのでは場違いな印象を与えてしまいます。

 

企業のカラーに適した人材だと思わせることが大切です。

 

職種、社風を考えて、服装を決めましょう。

 

 

 

清潔感

 

 

二人の人間が同じスーツを着ていたとしても、印象は変わるものです。

 

しわが無いか、ポケットに余計なものが入っていないか、ベルトはちゃんと締めているか・・・などなど

 

そんな細かいところまで、面接官はしっかりと見ています。

 

身だしなみは社会人の基本。

 

それすら、しっかりとできない人間に仕事を任せるなんて不安に思われても仕方ありません。

 

最低限以上のエチケットを気に留めておいてください。

 

 

 

色合い

 

男性も女性もダークスーツにホワイトのワイシャツの組み合わせが無難です。

 

もしかすると、個性をアピールしようとカラフルなスーツやアクセサリを身につけて面接に挑む人がいるかもしれません。

 

しかし、そんな表面だけのアピールは面接官の心象を悪くするだけです。

 

企業が求めているのは、当たり前のことを当たり前にできる人材。

 

服装のコーディネイトにおいてもそれは例外ではないのです。

 

これら、三つのポイントを押さえて、希望の企業の面接に挑んでください。

リクルートスーツとビジネススーツの違いはコストと耐久性!

就活中の学生さん、あるいはこれから就活を控えた学生さんの多くが抱いている疑問にお答えします。

 

 

リクルートスーツとビジネススーツの違いはあるの?

結論から言うと、スーツとしての機能に違いはありません。

 

 

 

 

いずれも、社会人として相応しいファッションの基準を満たしています。

 

だから、リクルートスーツとして売りに出されているスーツを入社後に着ていたとしても何ら問題はないのです。

 

 

しかし、敢えて言うならば、「価格」という違いが出てきます。

 

リクルートスーツは就活用の学生をターゲットに絞った商品です。

 

そのため、学生の自費でも手が届くように価格を抑えるため、生地の質は少々落ちます。

 

 

耐久性は低く、汗と日光に晒される真夏を経てしまうと、ダメになってしまうこともしばしば。

 

 

 

それでも、「入社するまでは」と割り切っているのならいいのですが、もしも「入社後も着る」ことを前提にしているのならば、就活中からビジネススーツを購入しておいたほうがいいでしょう。

 

 

ビジネススーツは生地が厚い分、色合いもシックになるため、若者には似合わないかもしれません。

 

 

ですが、そんな心配は最初だけです。

 

 

厳しい就職活動を通して大人の顔になっていくにつれ、ビジネススーツもしっくりくる人間に変わっていくはず。

 

 

むしろ、そうなるように頑張ろう、というモチベーション作りにも役立ってくれます。

 

 

 

結論から言うと、リクルートスーツとビジネススーツ、いずれも「スーツ」に違いはありませんが、コスト重視ならリクルートスーツ、長期的な着用を見据えるならビジネススーツをオススメします。

就活の面接の持ち物!忘れてませんか傘と充電器と地図!

就職活動の面接で必要な持ち物は何ですか?

 

 

よくこのような質問がされますが、ここでは特に忘れてしまいがちなものにスポットを当ててみます。

 

 

まず、必ず忘れてはいけない物

 

 

必需品


 

 

  • 筆記用具

  • 携帯電話

  • 手帳

  • 時計

 

 

これらのアイテムはまず、忘れることはないでしょう。

 

 

できれば持ち歩きたい物


 

 

 

折り畳み傘を常に鞄の底に入れておくのが望ましいです。

 

もしも万が一、にわか雨に降られたとして、びしょ濡れのスーツで面接会場入りする、なんて事態は避けたいところ。

 

 

 

 

 

 

携帯電話の充電器

 

 

充電器は意外と見落とされがち。

 

普段、充電器を持ち歩いている人は少数派だと思いますが、情報が命の就活において、携帯電話が使えない状況は避けるべきです。

 

 

それに、いつ企業から連絡がかかって来るか分かりません。

 

 

最近では、コンビニなどで携帯の充電をさせてくれるサービスも増えてきていますが、いつでも充電できるように是非とも充電器は持ち歩いてください。

 

 

 

地図

 

面接会場や企業までの地図は必ず、ネットからプリントアウトするなどして、鞄に入れておきましょう。

 

「スマホで調べれば大丈夫」と思うかもしれませんが、肝心の住所をちゃんと控えているとは限りません。

 

念には念を入れて、入れ過ぎなんてことはないはず。

 

 

 

道に迷って、遅刻なんてしてしまうと、まず間違いなく採用されることはありませんからね。

 

 

 

 

学生証

 

 

万が一に備えて学生証も財布や定期入れに忍ばせておいたほうがいいでしょう。

 

学生のうちは、一番分かり易い身分証明になります。

 

トラブルを避けるためにも、信用できる証明書があったほうが無難です。

 

いろいろな事態を想定して、備えておきましょう。